試験問題例 Example試験問題例 Example

試験問題例試験問題例

ビジネス選択理論能力検定準1級 ロールプレイ形式試験問題例

試検概要

ロールプレイでは、マネジメントに関するケースを用いて、上司と部下の1対1の面談を行う。
時間は15分間で、受検者が上司役となり、面談を進める。

当日の流れ

受付終了後、ロールプレイケースをお渡しします。5分後から試検がスタートします。

ケース事例はこちらケース事例はこちら

あなたは、メンバーが5名が所属する営業所の所長です。
5名のメンバーの主な業務は、既存のお客様のフォローと、新規の開拓の2つです。

メンバーの一人である田中さんは、営業3年目の26歳のスタッフです。

田中さんは、人柄がよく、サポーティブな立ち回りを得意としています。
チームメンバーや他部署の人たちからも、とても感謝をされています。

一方で、やるべきことを後回しにしてしまいがちなところがあり、
先月の営業数値の目標達成率は7割にとどまっていました。
過去1年間、目標達成した月もあればしていない月もある、という状態です。

3か月に1回行っている定期面談では、田中さんは「リーダーに昇格していきたいと思っている」と話していました。
そのときにあなたからは「リーダーになるために欠かせないのは、
きちんと自分の数値目標を達成することである」ということを伝えました。
田中さんも面談のなかでは「はい、達成します!」と決意してくれていましたが、
その面談を終えてから2か月連続で未達成に終わっています。

先々月未達成に終わった後も、あなたは田中さんと振り返りの面談を行いました。
そして、達成するためにどうすればよいか、具体的な計画を一緒に立てました。
田中さんは「やるべきことはわかっているので、あとはやるだけです。大丈夫です」と言っていました。

田中さんはお客様の多いエリアを担当しているので、
きちんと既存のお客様の保全のためにすべきことを実行しながら、
新規のお客様開拓を行えば目標達成はそう難しくありません。

しかし、結果は先月も未達成で終わりました。
このままいくと3か月目も未達成に終わってしまうのではないか、そう懸念をしたあなたは、
田中さんと再度面談をすることにしました。この状況で、あなたは田中さんにどのように関わりますか。

※本動画内のロールプレイは、1つの事例としてご覧ください。

※本動画内には含まれていませんが、実際のロールプレイでは、
15分経った時点で、タイマーが鳴り、ロールプレイは終了となります。
その後、別室にて振り返り用紙を記入していただき、試検は終了です。

テキストのご案内テキストのご案内

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定3級公式対策本

職場におけるモチベーション管理・ストレス管理を身につけるビジネス選択理論能力検定3級の対策本!

購入・詳細購入・詳細

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定3級テキスト

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定3級公式テキスト

試験対策だけでなく、はじめて選択理論を学ぶビジネスマンに最適の書籍。理論と実践を両面から学べます。

購入・詳細

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定2級・準1級公式テキスト

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定2級・準1級公式テキスト

「理論編」「リードマネジメント編」「実践編」に分けて解説。部下をもつ全ての方にお勧めの一冊です。

購入・詳細

選択理論関連書籍

選択理論関連書籍

著者:ウイリアム・グラッサー 訳:柿谷正期

アチーブメントが基礎理論とする『選択理論心理学』の全てがここにある。

  • 選択理論について
  • 試験について
  • よくあるご質問

試験申込

<実施要項> 試験内容、スケジュールをご確認の上、お申込ください。

実施要項確認へ