試験問題例 Example試験問題例 Example

試験問題例試験問題例

ビジネス選択理論能力検定3級 試験問題例

例題1 基礎知識

以下の文章を読んで、正しいものには〇、誤っているものには×を記入しなさい。

問1.選択理論心理学は、当初は「コントロール理論」という名称だった。

解答はこちら解答はこちら

【解答】
【解説】
文章のとおりです。
選択理論は、アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士が1996年に提唱した心理学で、
当初は「コントロール理論」という名称でした。
(参考:3級公式テキストP13・15)

問2.行動主義心理学は、認知心理学の後に誕生した。

解答はこちら解答はこちら

【解答】
×
【解説】
行動主義心理学は、認知心理学の前に誕生しました。
行動主義では、環境を整えれば人の行動はある程度予見可能であるという見方をし、
「パブロフの犬」の実験などが有名です。
しかし、行動主義ではみられなかった「内面的な心の動き」を検証するために、
認知心理学が登場しました。
(参考:3級公式テキストP12)

問3.グラッサー博士は公教育などにも関心を持ち、選択理論を応用した学校である
クオリティ・スクール設立など、カウンセリングに留まらない取り組みをした。

解答はこちら解答はこちら

【解答】
【解説】
文章のとおりです。
クオリティ・スクールを目指す学校は全世界で250校を超えています。
(参考:3級公式テキストP13)

例題2 外的コントロールと内的コントロール

問1.グラッサー博士は、外的コントロールの第三の信条を次のようにまとめている。
空欄(①)~(④)を埋め、文章を完成させなさい。

外的コントロールの第三の信条
私の言うとおりのことをしない人をばかにし、脅し、( ① )を与える、あるいは、
言うことを聞く人に( ② )を与えることは、( ③ )ことであり、
私の道義的な( ④ )である。

解答はこちら解答はこちら

【解答】
①罰
②褒美
③正しい
④責任
(参考:3級公式テキストP17)

問2.あなた宛に電話が鳴り、あなたが受話器を取ったとします。

(1)外的コントロールの考え方に基づくと、どのようにこの行動を説明しますか。

解答はこちら解答はこちら

【解答例】
電話が鳴ったという刺激に反応し、受話器を取った。
【解説】
外的コントロールとは、「人間の行動は、外部からの刺激に反応することで起こる」という考え方です。
そのため、外的コントロールの考え方に基づくと、
「電話が鳴ったという刺激に反応し、受話器をとった」と説明することができます。
(参考:3級公式テキストP14)

(2)内的コントロールの考え方に基づくと、どのようにこの行動を説明しますか。

解答はこちら解答はこちら

【解答例】
電話が鳴ったという情報を受け取り、受話器を取るという行動を選択した。
【解説】
内的コントロールとは、「あらゆる現象や状況は情報に過ぎず、
私たちは情報をもとに自分でその時自分にとって最善と思われる行動を、
内発的に選択している」という考え方です。
そのため、内的コントロールの考え方に基づくと、
「電話がなったという情報を受け取り、受話器を取るという行動を選択した。」と説明することができます。

例題3 5つの基本的欲求

以下の文章はAさんの日記です。
この日記を読んで、Aさんは、5つの基本的欲求のうちどの欲求が強いといえるでしょうか。
また、なぜそう思ったのかについても答えなさい。

6月2日
今日は最高の気分。Z社にコンペで勝ったからだ!上司からも、よくやったなと褒められた。
これで、ずっとこえられなかったS先輩にも、営業成績で勝つことができて本当に嬉しい。
初めての全社1位、達成だ。
先月、寝る間も惜しんでどうやったらコンペに勝てるかを考えぬいて、実行した甲斐があったからだな。
よし、明日も頑張ろう!

6月4日
同期の飲みの誘いを断ったら、付き合いが悪い、足並みそろえてよと言われた。
だいたい飲み会にいかなかっただけで、どうして文句を言われないといけないんだ。腹が立つなぁ。
プライベートな時間くらい、自分で自由に決めたいし、誰かに束縛されるとうんざりするんだよな。

6月8日
他社で売れている商品をいろいろ研究してみて、
うちの会社だったら、もっとどうすればお客様に喜んでもらえるか?を考えてみた。
朝4時までかかっちゃったけど、これは絶対にお客様の役に立てる。
企画書をまとめて、早速上司に提案してみよう。

解答はこちら解答はこちら

【解答例】
力の欲求と自由の欲求
【理由】
力の欲求
コンペで勝つために、寝る間を惜しんで考え実行したこと、
S先輩に営業成績で勝つことができ嬉しいと言っていること、
どうすればお客様に喜んでもらえるかを考えていることから、
力の欲求の競争や達成、貢献が強いと読みとれるから。

自由の欲求
飲み会を断り文句を言われたことに対して腹を立てていることや、
プライベートな時間を自由に決めたいと言っていることなどから、
人にあれこれ言われたくない、束縛されたくないといったことが読み取れるため。
(参考:3級公式テキストP30)

例題4 上質世界

問1.上質世界の3要素を答えなさい

解答はこちら解答はこちら

【解答】
私たちがともにいたいと思う人
私たちが最も所有したい、経験したいと思う物
私たちの行動の多くを支配している考え、信条
(参考:3級公式テキストP37)

問2.あなたの経験のなかで、2名以上で同じ状況・事実に対して異なる捉え方をした例を挙げ、
なぜ捉え方が違ったのか、それぞれの上質世界をもとにして説明しなさい。

解答はこちら解答はこちら

【解答例】
職場でリモートワークが実施され、出社する回数が以前の2割程度に減少したことに対して、
私は嬉しいと思ったが、Mさんは残念そうにしていた。
私の上質世界には、静かな環境で働き、生産性をあげている自分が入っている。
オフィスでは、近くに営業部門の席があり、あまり静かな環境ではないため、
自宅で集中できることは嬉しかった。
しかしMさんは、チームで一体感をもってプロジェクトを進めたり、
会話をすることが上質世界にあり、
人と会う回数が減るリモートワークに対して、悲しんでいた。

そのため、私とMさんの上質世界の違いから、同じリモートワークという状況に対して異なる捉え方をした。
【解説】
同じ出来事や状況を目にしても、人によって異なる捉え方をしていることがあるのは、上質世界が違うからです。
上質世界とは、5つの基本的欲求を1つ以上満たすイメージ写真が張り付いている記憶の世界ですが、
個人の経験によってイメージ写真が蓄積されるため、全く同じ上質世界を持つ人はいません。
一人ひとりの上質世界は違うものだという前提を持つと、異なる認識を持っていることを受け入れやすくなります。
(参考:3級公式テキストP40)

例題5 全行動・創造性

以下の文章を読み、次の問に答えなさい。

AさんとBさんは、入社3年目の会社員です。半年前に営業から経理へ異動したAさんが、浮かない顔をしているのを見かけ、同期のBさんは、Aさんをランチに誘いました。

Bさん:営業から経理に異動して、もう半年かぁ。どう、慣れた?

Aさん:うーん…はっきり言って、やっぱり営業の方がおもしろいな。
営業は、お客様からありがとうって言われるし、頑張れば社内で表彰してもらえる。
経理は今、決算前で本当に忙しくて、みんな手一杯だから、ただひたすら黙々と仕事を片付けるっていう雰囲気なんだよね。

Bさん:そんなに忙しいんだ。なにが一番大変なの?

Aさん:僕が異動する前に1人が退職、1人が産休に入って、
それぞれがかなりキャリアもある人たちだったから、部署全体で仕事が回ってないんだ。
おまけに、僕は経理が当たり前にやっていることを、全部は把握していないから、
計画もうまくたてられないまま、決算を迎えてしまって。はぁ~。

Bさん:それは本当に大変だね。身体が心配だよ。

Aさん:体力はあるから、身体は元気なんだ。
でも、実はこないだ僕がしてしまったミスのせいで、先輩全員夜まで残業になってしまったんだ。
いつもは優しい経理部長からも、
「半年たっても、これくらいしかできないのか。」と言われて、(1)落ち込んでいるんだ。

Bさん:そうか……。それは辛かったな。

Aさん(2)あーあ。営業職には戻れそうにもないし、つまらない仕事ばっかりだし。もう嫌になるよ。

問1.下線部(1)とあるが、人が落ち込む理由は、選択理論では何と言われていますか。説明しなさい。

解答はこちら解答はこちら

【解答】
怒りを抑えるため
援助をもらいたいため
逃避するため
(参考:3級公式テキストP46)

問2.下線部(2)とあるが、このあと、さらにAさんの話を聞いたところ、
Aさんは将来、営業マネジャーとして活躍をしたい、と強く思っていたことがわかった。
選択理論によると、自分が求めるものを手に入れられなかったときに取ることができる対策は3つある。
空欄(a)(b)(c)について、あてはまる言葉を答えなさい。
( a )を変える
( b )を変える
( c )を変える

解答はこちら解答はこちら

【解答】
( a 見方 )を変える
( b 求めているもの )を変える
( c していること )を変える
※順不同
(参考:3級公式テキストP53)

問3.あなたがAさんであれば、問2で答えた対策を、それぞれどのように行いますか。
具体的なアイディアを考えて答えなさい。

解答はこちら解答はこちら

【解答例】
見方を変える:
営業マネジャーになるうえで、会社の数字に強くなれる今の部署は長期的にみると、
よいキャリアにつながる・修行だと思う

求めているものを変える:
営業マネジャーになることにこだわらず経理部でマネジャーになることを目指す

していることを変える:
経理部で誰もが目を見張る仕事をし、結果を出す人材に成長してから、
もう一度営業に戻りたいと会社に交渉する
上司に相談をする など
【解説】

見方を変えるとは、
事実に対する捉え方・考え方を変えるということです。

求めているものを変えるとは、
自らが手にしたいと思っている上質世界にあるイメージ写真を貼り変えることです。

していることを変えるとは、
今している行動をやめ、別の行動を選択することです。
特に、コントロールできるものとできないものを区分して、
コントロールできるものに焦点をあてることが重要です。

(参考:3級公式テキストP53)

テキストのご案内テキストのご案内

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定3級テキスト

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定3級テキスト

試験対策だけでなく、はじめて選択理論を学ぶビジネスマンに最適の書籍。理論と実践を両面から学べます。

購入・詳細

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定2級・準1級公式テキスト

絶賛販売中!!ビジネス選択理論能力検定2級・準1級公式テキスト

「理論編」「リードマネジメント編」「実践編」に分けて解説。部下をもつ全ての方にお勧めの一冊です。

購入・詳細

選択理論関連書籍

選択理論関連書籍

著者:ウイリアム・グラッサー 訳:柿谷正期

アチーブメントが基礎理論とする『選択理論心理学』の全てがここにある。「あの人がいると、私は気分が悪くなる」などと、愚痴を言っ...

  • 選択理論について
  • 試験について
  • よくあるご質問

試験申込

<実施要項> 試験内容、スケジュールをご確認の上、お申込ください。

実施要項確認へ